健康と食材

健康 食材

HOME                            スポンサードリンク

  
  ------------------------------------------------------------------------------------------------
      健康を守る身近な食材に秘めたパワー
      毎日の食生活で、料理に使われているごく身近にある食材をあらためて見直すと、すばらしい                   
      栄養成分が含まれていることがわかります。
 
      食材の食べ合わせの効能
      毎回食べる食事の献立を考えるのは、主婦の楽しみでもあり苦心作でもあると思いますが、
      家族の健康を考えた食事の献立を作る時、食材の食べ合わせを考えた料理は、栄養バランスのとれた
      効果的な栄養摂取方法です。身近にある手ごろな食材の組み合わせで健康を守る工夫ができるのです。
 
      食材の有効成分の相乗作用で栄養・必要成分の吸収をより高めたり、解毒・除毒作用を
      高めるなど、食材の食べ合せは、体調不良・メタボリックシンドローム・生活習慣病などの
      予防改善に役立ちます。
   
      当サイトでは、食べ合わせ料理レシピはご紹介していませんが、食材の持っている成分・栄養素・
      秘めた効能を体質改善・生活習慣病などの予防・改善に、又素材の組み合わせ調理について
      気をつけたいことをテーマにした豆知識です。 
 「健康で元気に長生き」を目指しましょう。
 料理レシピなどはリンク集にてご紹介しております。
  
      人は健康な時には、日々の食事などまったくと言っていいほど意識しないで食べていますが
      
病気なり、体に変調を起こすと健康でありおいしくいただける食事の有難さをしみじみ感じますね。
  
      内臓系の病気の大きな原因一つは食事にあるといわれています。
      日々の食事の献立に役立つ食材の豆知識は、家族の健康を守る大切な要因だと思います。
  
      最近は、コンビになどが身近に増えて、手軽に食べるインスタント食品やお菓子類、
      ジャンクフードなど・・・加工食品の豊富な時代のなかで、知らず知らずのうちに偏った
      食事になっていることもあります。
  
      インスタント食品の食事が多くなっているのを気にしながらも、栄養の足りない分は
      サプリメントで補って安心してたり、ダイエットが気になり食事を我慢したりして、
      いつのまにか偏った食事になってしまって健康な身体でなくなっていきます。
  
      サプリメント(栄養補助食品)も、日々の食事と併用することで不足している栄養分を
      補うことができますが、補助食品に頼る食事はどんなものでしょう・・・・・か?
      
(サプリメントを利用する場合は説明書などをよく読むことが大切です。)
 
      たとえば、食材の成分や栄養素などのちょっとした知識があれば有効に栄養を摂取できるのに、
      特に若い女性に多い、鉄欠性貧血症の改善には鉄分を多く含んだ食材やサプリメントを補って、
      安心してしまいがちですが、お茶・紅茶などと一緒に食すれば、鉄分は体外に排出されてしまい、
      体内に吸収されずに体外へ出てしまいます。
      チョットした豆知識があれば、健康維持に役立つことがあります

      
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-------------
                          スポンサードリンク

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-------------------------
      

     高脂血症は中高年では気をつけたい症状

      (血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰になった状態)
  
 高脂血症で起こる合併症は動脈硬化症があります。
 命に関わる重大な病気につながり(脳梗塞・脳出血・狭心症・
 心筋梗塞・腎硬化症・腎不全・大動脈瘤(破裂)などの引き金になります。
 
 
 
      高脂血症になる原因はどのようなことが考えられるでしょうか?
      ☆近い身内に高脂血症の方がいる人は可能性が高くなる。
      ☆コレステロール分の摂取過剰(食べすぎ)
      ☆中性脂肪分の摂取過剰(食べすぎ・アルコールの飲み過ぎ)
      ☆喫煙者では動脈硬化を予防する働きが低下
    
      ★コレステロール・中性脂肪が過剰になると体に障害を起こします。特に中高年の世代は食生活に気をつけましょう。
    ----------------------------------------------------------------------------------------
      病気になって薬を処方されたら、医師・薬剤師などの注意を良く聞き守ることが大切です。
      処方された薬と併用して食べた食材により薬の効果が強くなりすぎたり、弱めたりすることがあります。
  
      薬と気をつけたい食材の影響について
      ☆高脂血症治療薬とグレープフルーツ(ジュース)・カフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶)
       グレープフルーツに含まれる物質が薬の代謝を妨げて、薬が効きすぎる。
  
      ☆抗アレルギー薬とグレープフルーツ(ジュース)
       薬の消化吸収を妨げて、効果を薄めてしまう。
  
      ☆納豆・クロレラ・青汁
       脳梗塞や心筋梗塞の再発を防ぎ、血液が固まらないようにする薬を服用処方されている方は
       ビタミンKの食材を食べると薬の効果が弱くなります。
  
      ☆スポーツ飲料と骨粗鬆症治療薬
       マグネシュウムやカルシウムなどの電解物質の入ったスポーツ飲料と同時にとると、有効成分の
       形が変わってしまい吸収されにくくなる。
   
      ☆牛乳・粉ミルクと抗菌薬と同時にとると有効成分の形が変わってしまい吸収されにくくなる。
   
      病気と診断された普通の人なら「栄養補充しなくては」とサプリメントやドリンク剤などを考えますが
      処方された薬剤師さんに相談して服用しましょう。知らなかったことで思わぬ事態も起こります。
   
    
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  生活習慣病 自覚 病気 女性 病気 体質 遺伝 病気 食材 栄養 食材 食べ合わせ 手作り酵素 
  酵素 手作り ほうれん草 栄養 成分 小松菜 栄養 成分 内部被爆と食材
  
 症状からの生活習慣病
 自覚症状の少ない病気
 女性に多い病気
 体質・遺伝からの病気
 食材別の栄養・成分
 食べ合わせ (健康効果)
 手作り酵素
 食中毒 豆知識
 身近な野草
 老化について
  放射能汚染と食材
 プロフィール
 相互リンクについて
 リンク集
 食材と特産物ショップ
      
 
  
  スポンサードリンク
  
             
                    2007 Copyright (C) 健康と食材 豆知識All Rights Reserved 「PR」柏原 デイサ−ビス なでしこ