老後の対策と楽しい生活を築くために

     
団塊世代 ゼロからスタート 商品ネット
 
 
HOME 北海道の物産 産地直送 安心食材 ご利用について
   
  
 
 

 老後の生活費


 現役を退いても以前から準備していた新たな人生計画を進んでいる方もあるでしょう。
 60歳なってもまだまだ心身とも現役には負けない気概はあるし頑張ろうと思いつつ
 いつの間にか定年を迎えてしまった方もいると思います。
 
 40・50代の頃と60歳代では生活環境は大きく変化していると思います。
 体力も少しづつ衰え老後を考えるようになりますね
 
 人生には越えるべき3つのお金のハードルがあると言われます。
 それはマイホームの購入費・子育てと教育費・そして老後のお金
 
 マスコミなどでも老後の貯蓄は3000万円必要だとか報道されてますが
 「今まで生活に追われてそれどこではなかったよ」と思っている方も多いと思います。
 現在、老後生活で必要な生活費は月約25万円〜約37万円くらいが必要と言われてます。
 預金が少なくても年金収入なども含め65歳時点でどれだけ、経済的に不安のない状況
 を作り出せるかシュミレーションしてみましょう。
 
 60歳代前半はまだまだ体が動くわけですから、老後の仕事も考えて、少しでも預貯金を
 減らさない努力が必要です。それから、リスクに備える保険、退職金や預貯金をいかに
 運用していくのなど、お金に関する様々な知識も必要になってきます。
 
 今までの生活からの出費を考え直して見る時期でもあると思います。
 住宅ローンや教育費などの出費も考えなくてもいい時期でしょう。
 
 *定年前後は保険を見直す絶好のタイミング
 今必要な保障と今後必要な保障をしっかり見極め、最低限の保険料で必要な保障を
 確保できるようなものをここで見直してみるのも必要かな時期ではないでしょうか。?
 
 50代から団塊の世代ぐらいの方では定期付終身保険にご加入されている方が多いと
 思いますが、いつまでも高額な死亡保障をつけておくよりも、これから必要とされる
 医療保険や介護保険へ切り替えることで老後の大切な資金の出費を考え直しましょう。
 
   
 
 60歳までに必要な補償は、家族の生活費や子供の教育費 住宅ローン など遺族負担を
 考え 定期付終身保険など死亡保障の大きいものを選択したと思いますが、
 老後に必要な補償を考たら入院・医療費・介護費用・葬儀費用などが気になります。
 夫婦で、安心して楽しい老後を過ごすことも考えた選択も必要でしょう。
 
 -------------
 *あなたの年金は60歳?それとも65歳にはいくらもらえるの
 あなたの年金はいくらもらえるのか?
 お近くの年金事務所か年金相談センターで年金手帳(年金番号)を持って本人が相談
 すると自分が支給されるおおよその金額などがわかります。
 
****全国の相談・手続き窓口|日本年金機構******
 
 現在では年金支給制度が変わってどの年金に入っているのかや、性別、生年月日により
 年金の支給開始年齢が違ってきます。
 団塊世代のの方なら、老齢厚生年金といって、60歳から少しずつもらえる仕組みにはなって
 いますが、それでも60歳から満額の年金を受け取ることはできません。
 今後年金の受給開始年齢は段階的に65歳まで引き上げられていきます。
 60歳から65歳までの間しっかりとしたマネープランが必要になるわけです。
 
 *老後生活の便利な必需品!
 ネットバンクは既存の店舗を持たないインターネット専用の金融機関で、店舗がない
 代わりに金利や手数料が優遇されています。
 手続きは自宅からインターネットを通して出来ますし、現金の入出金も郵便局やコンビニ
 などにあるATMで利用できます。
 
 
 加齢と共に健康管理をしても体はくたびれてきます。第一線を引かれた世代も
 まだまだ人生は長いです。でも脳年齢だけはいつまでも青年でありたいですね。
  
 最後に当サイトでは、生活に役立ちそうな商品もご紹介しております。
 お時間がございましたら商品画像をクリックしますと商品説明もあります。
  
 
 
Copyright © 2008 団塊世代 ゼロからスタート 商品ネット All rights reserved. PR 旬の食材 
by 無料ホームページ制作講座